raspberry pi zeroでライブカメラ作成(その2)

昨日、軽量化してApacheで公開するWebカメラの作成方法を紹介しましたが、思ったより、使い勝手が悪そうなので、別の方法も試してみました。

参考にしたページはこちらです。

1.mjpg-streamerをインストール

以下のコマンドを実行

apt-get install libjpeg8-dev cmake git
git clone https://github.com/jacksonliam/mjpg-streamer.git mjpg-streamer
cd mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental
make
cd
mv mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental /opt/mjpg-streamer

2.mjpg-streamerの設定

以下の内容でファイルを作成

ファイル:/home/pi/start_stream.sh

#!/bin/bash

if pgrep mjpg_streamer > /dev/null
then
echo “mjpg_streamer already running”
else
LD_LIBRARY_PATH=/opt/mjpg-streamer/ /opt/mjpg-streamer/mjpg_streamer -i “input_raspicam.so -fps 24 -q 100 -x 640 -y 480” -o “output_http.so -p 9000 -w /opt/mjpg-streamer/www” > /dev/null 2>&1&
echo “mjpg_streamer started”
fi

※プロパティは以下の部分を変更することで対応

・クオリティ
-q 100:Maxが100、下げる場合は値を小さくする。

・フレームレート
-fps 24:秒/24枚

・画像サイズ
-x 640 -y 480:640×480

・ポート番号
-p 9000

3.起動時にソフトウェアが実行されるよう設定

以下のファイルを内容の通りに編集

ファイル:/etc/rc.local

・exit 0の前に以下を記載
sh /home/pi/start_stream.sh

変更を適用するために再起動

ここまで設定出来れば以下のURLでブラウザからアクセスすれば見られます。

http://[ラズパイのIPアドレス]:9000/javascript_simple.html

ひとまず今日はここまでで
では