raspberry piの初期設定

先日紹介した、余り物のノートパソコンで作ったカメラを姉に見せたところ好評で、甥っ子用にも作ってほしいと依頼がありました。

ただ、前回使ったもの以外にあまりのパソコンはなかったので、前々から気になっていたraspberry piを使ってみようということでraspberry pi zeroを購入しました。

とりあえず、OSのインストール、Wifiの設定、SSHでの接続までできたので忘れないようにメモに残しておこうってことで記事化です。

Windows機でSDカードにイメージを書き込み、起動、その後USBキーボードとHDMIでモニターに接続してセットアップしました。

スクリーンショットを取り忘れて文字説明だけですが、参考になれば嬉しいです。

1.Raspbian インストール(Windowsでの手順)

参考URL:https://www.ratocsystems.com/products/triple_r/blog/?x=entry:entry180320-164133

1-1.SDカードのフォーマット

・「SD Formatter」を使用してフォーマットする
ツールダウンロードURL:https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter/eula_windows/index.html

フォーマットオプションは以下のように設定

クイックフォーマット
CHSフォーマットサイズ調整チェックなし
ボリュームラベル:boot

・Rasbianイメージファイルをダウンロード

ダウンロードURL:https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

CUIだけでいいので「Raspbian Buster Lite」をダウンロード

・イメージ書き込みツール「Win32 Disk Imager」を使ってイメージを書き込む

ツールダウンロードURL:https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

書き込み手順

ファイルとドライブを選択し「Write」をクリック

2.初期設定

2-1.ログイン

ID:pi
PS:raspberry

2-2.rootパスワード設定

コマンド:sudo passwd root
→設定したいパスワードを入力

2-3.キーボード配列設定の変更

コマンド:raspi-config

4.Localisation Optonsを選択

I3.Change Keyboard Layoutを選択

Generies 104-sleutel PCを選択

Otherを選択

Japaneesを選択

Japaneesを選択

The default for the keyboard layoutを選択

No compose keyを選択

2-4.SSH有効化

コマンド:raspi-config

5.Interfacing Optionsを選択

P2 SSHを選択

<yes>を選択

2-5.Wifi接続を設定

コマンド:raspi-config

2.Network Optionsを選択

N2 Wi-fiを選択

JP Japanを選択

SSIDを入力

パスワードを入力

再起動する
コマンド:reboot

IPアドレスがとれていることを確認
コマンド:ip add

2-6.固定IPアドレスを設定

設定ファイルを編集

ファイル:/etc/dhcpcd.conf

最下部に以下を追記

interface wlan0
static ip_address=[IPアドレス]/24
static routers=[ゲートウェイ]
static domain_name_servers=[DNS]

2-7.更新実施

コマンド:raspi-config

8.Updateを選択

と、ここまでで初期設定は完了です。

ここまで設定できるとSSHでリモート接続できるので後は必要に応じて
ソフトウェアのインストールとセットアップをやっていく形になります。

ひとまず今日はここまでで
では