自宅のネットワーク構成

土日の休みですっかり更新を忘れてしまい、3日坊主ならぬ2日坊主になってしまいましたが、ひとまずまだまだ書きたいことはあるので投稿です。

今回は自宅のサーバで構成しているネットワークをご紹介します。
といってもごちゃごちゃ設定しているせいで全部いっぺんにやろうとするとすごい長い記事になってしまうので、シンプルに論理ネットワークだけのご紹介です。

なんといっちょ前にファイアーウォールなんぞ構えております。
個人使用であれば無料で使える「sophos xg firewall」というものがありまして、これがすごい便利なんで活用させていただいてます。

で、ざっと説明ですが、まずサブネットとはなんぞやってところからです。

すっごく簡単に言うと一番小さいネットワークですかね?(よくわかってないw)

まぁ、大体のご家庭はルータ一台で構成されてるので1サブネットあるだけで、IPアドレスは「192.168.1.1~10」くらいが自動で割り振られる感じになるかと。

うちのネットワークではサブネットが7個あるので、ホームサブネットはIPアドレスが「192.168.1.1~10」、管理用サブネットは「192.168.2.1~10」という感じで管理してます。

サブネットを分ける意味ですが、サブネット間で通信する場合にはファイアーウォールを通るため通信にウィルスが含まれていないかチェックしたり、不要な通信は遮断するよう設定するためです。

ちなみに皆さんIPアドレスって自動で割り振られて当たり前って思ってる方が大半ですよね?
実はそうではなくてルータに自動でIPアドレスを割り振られる仕組みがあるから、LANケーブルを刺すだけでネットワークにつなげるのです!

そういうことを理解して皆さん私のようなネットワーク管理者に感謝していただきたいものです・・・orz

最後に愚痴ってしまいましたが今回はここまでで

次回以降は記事中でも紹介した「 sophos xg firewall 」の構築手順を紹介します!