Redmineにプラグイン 「view-customize」を追加する

前回までで使える状態になったRedmineですが、チケット数が多くなっていくとぱっと見で進行状況だとかステータスがわかりずらくなってしまうんですよね。

なので、今回はプラグインを追加して見やすくしようというお話です。
紹介するのはプラグインの追加までで、実際のカスタマイズは次回以降紹介予定です。

では、プラグイン追加方法の紹介です。

1.追加するプラグインのダウンロード

こちらから最新版のソースをダウンロードします。
→Source Code(zip)をクリック

2.ファイルの配置

ダウンロードしたファイルを解凍したらフォルダ名を「view_customize」にしてサーバの「/var/lib/redmine/plugin/」に配置します。

3.プラグインの適用

サーバにSSHで接続して以下のコマンドを実行

・実行フォルダに移動
コマンド:cd /var/lib/redmine

・gemのインストール
コマンド:bundle install

・プラグインのインストール
コマンド:bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

・apacheを再起動して適用
コマンド:systemctl restart httpd

4.追加されているか確認

赤枠の項目が表示されていれば追加完了です。

・管理画面

・プラグイン管理画面

以上で、追加は完了です。

簡単な手順に見えますが、意外と手間取ってしまいましたw
まぁ、ひとまず追加は出来たので後は表示変更設定を入れたら実運用開始です。

とりあえず、今日はここまで
では