CentOS7+MySQL8.0+PHP7.2+zabbix4.0でネットワーク機器監視サーバ作成(その2)

昨日に引き続き監視サーバの構築メモです。
前回までで、必要なソフトのインストールは終わっているので、今回は必要な設定を紹介していきます。

1.zabbix用データベースとユーザの作成

コマンド:mysql -u root -p
→パスワードの入力を求められるので前回の手順で設定したパスワードを入力する。

Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 19
Server version: 8.0.15 MySQL Community Server – GPL

Copyright (c) 2000, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

mysql> CREATE DATABASE zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
 ←SQLを入力:データベースを作成
Query OK, 1 row affected, 2 warnings (0.00 sec)

mysql> CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY ‘[パスワード]’;
 ←SQLを入力:ユーザを作成 (パスワードは任意で設定)
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix@localhost; ←SQLを入力:ユーザに権限を設定
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> quit ←DBの設定終了
Bye

2.zabbix用データのインポート

コマンド
cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-[ver.]/
zcat create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix
→MySQLのzabbbixユーザのパスワードを入力する。

3.各種設定変更

・DBのパスワードを入力

ファイル:/etc/zabbix/zabbix_server.conf

# DBPassword= → DBPassword=[パスワード]

・Apache httpd、タイムゾーンの変更

ファイル:/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

# php_value date.timezone Europe/Riga

php_value date.timezone Asia/Tokyo

4.各種サービスの起動

・Zabbixサーバー

コマンド
systemctl start zabbix-server
systemctl enable zabbix-server

・Apacheサーバー

コマンド
systemctl start httpd
systemctl enable httpd

・zabbixエージェント(動作確認用)

コマンド
systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

エージェントの起動確認

コマンド:zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
→バージョンが表示されればOK

5.firewallのポート開放

サービス追加:firewall-cmd –permanent –zone=public –add-service={http,httpd}
ポート追加:firewall-cmd –add-port=10051/tcp –zone=public –permanent
適用:firewall-cmd –reload

ここまでできれば、WebブラウザからGUIで設定が可能になります。

ひとまず今日はここまでで

ではー