CentOS7+MySQL8.0+PHP7.2+zabbix4.0でネットワーク機器監視サーバ作成(その1)

皆さん、zabbixってご存知でしょうか?
IT屋さんでも開発メインの方だと知らない人も多いと思うのですが、すごくざっくり言うと、ネットワーク機器とかサーバの監視をしてくれるツールです。

設定次第でいろいろできると思うのですが、知ってる限りだと以下の項目の監視ができるようです。

・Pingがちゃんと通るか
・CPUの使用率が高くないか
・メモリの使用率が高くないか
・httpdサービスが正常に起動しているか
・ネットワーク通信料

で、これらが設定したしきい値以上になるとメールで通信したりなんてことができます。

なかなか、便利だと思いません?
これが無料で使えるんだからすごい時代ですよねー
まぁ、知らなかっただけで昔からあったのかもしれませんが・・・笑

ということで、我が家もいろいろと機器とサーバが増えてきたのでここらで監視ツールでも入れてみようってことで構築してみました!
てことで、またメモ程度になりますが、紹介します。

1.mysql8.0 php7.2 インストール用リポジトリの準備

・epelリポジトリのインストール

コマンド
yum install epel-release

・Remiリポジトリのインストール

コマンド
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
rpm –import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

・MySQLリポジトリのインストール

コマンド
rpm -ivh https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm

・Remi PHP7.2リポジトリの有効化

ファイル:/etc/yum.repos.d/remi.repo

[remi]
enabled=0 → enabled=1 に変更

ファイル:/etc/yum.repos.d/remi-php72.repo

[remi-php72]
enabled=0 → enabled=1

2.MySQL8.0のインストールと設定

・インストール

コマンド
yum install mysql-community-devel
yum install mysql-community-server

・認証プラグイン変更

ファイル:/etc/my.cnf

#default-authentication-plugin=mysql_native_password
 ↓
default-authentication-plugin=mysql_native_password

・サービス起動と自動起動設定

コマンド
systemctl start mysqld
systemctl enable mysqld

・初期設定

設定時に聞かれるので初期パスワードを確認

コマンド:grep password /var/log/mysqld.log

初期設定開始

コマンド:mysql_secure_installation –use-default

Securing the MySQL server deployment.

Enter password for user root:[確認したパスワード]

The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.

New password:[設定するパスワード]

Re-enter new password:[設定するパスワード]
The ‘validate_password’ component is installed on the server.
The subsequent steps will run with the existing configuration
of the component.
By default, a MySQL installation has an anonymous user,
allowing anyone to log into MySQL without having to have
a user account created for them. This is intended only for
testing, and to make the installation go a bit smoother.
You should remove them before moving into a production
environment.

Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

Normally, root should only be allowed to connect from
‘localhost’. This ensures that someone cannot guess at
the root password from the network.

Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

By default, MySQL comes with a database named ‘test’ that
anyone can access. This is also intended only for testing,
and should be removed before moving into a production
environment.

Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y

– Dropping test database…
Success.

– Removing privileges on test database…
Success.

Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.

Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

All done!

3.Zabbix4.0インストール

・Zabbix 4.0 リポジトリのインストール

コマンド:rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

・インストール

コマンド
yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum install zabbix-agent
yum install zabbix-get

ひとまず、ここまでで必要なソフトのインストールは完了です。
長くなるのでここでいったん区切りで

次回は各種ソフトの設定を紹介します。

ではー