FortiGate 40C FortiOS4.0 でのトラフィックシェービングした場合の通信速度調査

先日ブログの更新を再開しました、なぜ滞っていたかと言うと思いつきでかの有名なUTMである「FortiGate」を買ったので、家のネットワーク構成を変更していたからです。

実はFortiGateさん、UTLの肝である通信チェック機能を有効にするのに年次更新のライセンスが必要だったりするのですが、ライセンス買わなくてもファイアウォールとしては使えてしまうのです。

ただ、チェック機能のないFortiGateなど必要性皆無だと思う人が大半なのか、ライセンス切れの中古が格安で出回ってるんですよねーw

で面白そうなのでつい買ってしまったと。。。w

とまぁ、そんなこんなで我が家にはなぜかFWが二つもある状態になってしまったのですが、FortiGateの機能の1つとして通信速度制限があります。
で、それが具体的にどんなもんなのか調べてみたのでメモがてら記事にしてみました。
(設定はシェアドトラフィックのみに行い、速度はGoogleのツールで測定)

で、結果は以下の通り。

以上です!

まぁ、うちの回線はベストエフォート(みんなでシェアするので速度が安定しない)なのであまりあてにならないのとやはり元々の速度がそこまで出ていないのでほとんど効果なしな感じですかねー

ただ、「shared-1M-pipe」はアップリンクを制限できるので意外と使い所あるかも

ひとまず本日はここまで

では! ノシ